アイアンガーヨガ

shopping





アイアンガーヨガ(ヨガの勉強)のページへようこそ!
このページは私のヨガの勉強のためのページです。勉強するにあたり、自分の言葉で噛み砕いて説明できるレベルではないため、当面はウィキペディアを利用しております。 従いまして、このページに来られた方も私と一緒に学ぶことができると思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
なお、アイアンガーヨガにつきましてはウィキペディアにはございませんでしたので日本アイアンガーヨガ協会さんとYOGA ROOM(ヨガルーム)さんを参考に引用させて頂きました。



※ 以下は日本アイアンガーヨガ協会さんからの引用
アイアンガーヨガ
アイアンガーヨガとは
ヨガは万人のためにあります。アーサナ(ポーズ)を実践するのに専門家である必要も、強靭な肉体の頂点を究めた人である必要もありません。
現代のストレスが肉体的な苦痛や病気を引き起こすことがありますが、それは物質的な成功を追い求める競争の中で、 自身の健康維持がないがしろにされるためです。
またこうしたストレスは、不安や孤独感、無力感などといった精神的な苦痛をもたらすこともあります。
ヨガにはこうした精神・肉体両面の統合をうながすとともに、内面と外面のバランスがとれる「正姿勢」alignment(アライメント)の 感覚をつちかう働きがあります。真の正姿勢とは、内的な気づきが身体のあらゆる細胞や繊維・皮膚・骨格に行き渡ることを意味します。

アイアンガーヨガとは、Yogacharaya Sri B.K.S.Iyengar(アイアンガー師)によって編み出されたヨガのメソッドをいいます。
アイアンガーヨガは肉体と精神の柔軟性やリラクセーションを得ることに加えて、強靭さとスタミナを増進させ体の歪みを正していくことに重きをおいています。
さらに、経験が浅くても故障歴があっても、様々な道具類を使うことでヨガの効果を最大限に引き出せる点が、他のヨガとの大きな違いと言えるでしょう。
たとえヨガの初心者であっても、いくつかの簡単な道具を使うことで過度な緊張やケガを恐れることなく、徐々に強さや自信、柔軟性を築いていけるでしょう。
ヨガの技法は、特定の病気や障害のある人にも役立ちます。

継続して練習することによって身体の内的な強さや体内に持ち合わせている治癒力や抵抗力を高められると同時に、痛みが和らいで、 問題の症状だけでなくその原因と向き合うことが可能になるからです。
現在、代替療法が従来の療法よりも健康増進に効果があるという認識が世界中で高まっています。
人生をより良くしたいと望むそうしたすべての人々に、ヨガは役に立つことでしょう。

ヨガのポーズ(アーサナ)を修練していくことで、意識は体の隅々まで巡らされ、微細な動きを深く感じるようになります。
意識はさらに呼吸へも向けられ、心と身体と呼吸が一体になった時、自身の中に静寂さと充実感を得られます。

アイアンガーヨガでは、軟らかく弱い部分を強く、硬い部分に柔軟性をつけていくことで身体の動きをよりスムーズにし、疲労を回復させていきます。
全てのアーサナにはそれぞれ違う効果があり、初心者はまず強さとスタミナを増進させ、柔軟性をつけて筋肉の流れと歪みを整えていくアーサナを学びます。
継続することで、肉体面の疲労が取り除かれ神経系統の流れもスムーズになります。
同時に心理面でも、安定した集中力が得られ、それゆえストレスも軽減されます。

アイアンガーヨガでは、ポーズの名前は全てサンスクリット語を用います。
また、生理中やなんらかの疾患のある場合、それに合わせたカリキュラムが組まれ、あらゆる年齢・身体上のコンディションに応じて行うことができます。




※ 以下はYOGA ROOM(ヨガルーム)さんからの引用
アイアンガーヨガとは - ヨガ&ピラティス教室・スタジオ検索はYOGA ROOM(ヨガルーム)
自分の体を観察できるヨガ
道具を使うことで誰でも無理なく行える

インドのB・K・Sアイアンガー師が開発したヨガで、近代的なヨガに最も大きな影響を与えたヨガの1つ。
解剖学、心理学を基に、伝統的なヨガに研究、改善を加えて進化させたものと言われています。
自分の体の隅々まで意識し、ブロックやベルト等の補助的な道具を使いながら、一つ一つのアーサナ(ポーズ)の完成度を高めていくのが特徴です。
補助的な道具を使うので、年齢を気にすることなく、誰でも体に無理なく効果的に行えます。

運動量★★★★☆ 熟練度★☆☆☆☆ リラックス度★☆☆☆☆




以下、見出しのみ工事中





◆memo◆




ブランド別ヨガウェア ヨガパンツ


種類別ヨガアイテム




Copyright(C)2010-2016 ヨガ【yoga】生活 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system