ハタヨガ

shopping





ハタヨガ(ヨガの勉強)のページへようこそ!
このページは私のヨガの勉強のためのページです。勉強するにあたり、自分の言葉で噛み砕いて説明できるレベルではないため、当面はウィキペディアを利用しております。 従いまして、このページに来られた方も私と一緒に学ぶことができると思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

「ヨーガ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2013年4月14日 (日) 17:25 UTC、
URL:http://ja.wikipedia.org



ハタ・ヨーガ (Hatha yoga)
「ハ」は太陽、「タ」は月をそれぞれ意味し、「ハタ」で「力の」という意味があるとされる。
アーサナ(姿勢)、プラーナーヤーマ(呼吸法)、ムドラー(印・手印や象徴的な体位のこと)、クリヤー/シャットカルマ(浄化法)、バンダ(制御・締め付け)などの肉体的操作により、深い瞑想の条件となる強健で清浄な心身を作り出すヨーガ。
起源は紀元後10世紀-13世紀頃。ゴーラクシャ・ナータが開祖。『ハタ・ヨーガ』と『ゴーラクシャ・シャタカ』という教典を書き残したと言われているが現存していない。
インドにおいて社会が荒廃していた時期に密教化した集団がハタ・ヨーガの起源と言われる場合もある。悟りに至るための補助的技法として霊性修行に取り入れるならば、非常に有効であるが、理解の偏ったものは肉体的操作ばかりに重きがおかれ、秀逸なハタ・ヨーガの可能性を極端に狭めることとなる。
なお、スポーツのストレッチなどはこのヨーガのアーサナ(姿勢)に由来している。

以下は、
「ハタ・ヨーガ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2013年4月15日 (月) 22:27 UTC、
URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC

ハタ・ヨーガ(サンスクリット हठयोग haṭhayoga IPA: [ɦəʈʰəˈjoːɡə])はヨーガの一様式である。
別名ハタ・ヴィディヤー (हठविद्या) すなわち「ハタの科学」。
ハタ・ヨーガは半ば神話化されたインドのヒンドゥー教聖者ゴーラクシャナータ (英語: Gorakshanath)が大成したとされる。
16世紀の行者スヴァートマーラーマ (英語: Yogi Swatmarama)のヨーガ論書『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』において体系的に説かれた。

“ハタ”はサンスクリット語で「力」(ちから)、「強さ」といった意味の言葉である。
教義の上では、「太陽」を意味する“ハ”と、「月」を意味する“タ”という語を合わせた言葉であると説明され、したがってハタ・ヨーガとは陰(月)と陽(太陽)の対となるものを統合するヨーガ流派とされる。
スヴァートマーラーマは、ハタ・ヨーガとはより高いレベルの瞑想、つまりラージャ・ヨーガに至るための準備段階であり、身体を鍛錬し浄化する段階であると説明する。
アーサナ(坐法)と、プラーナーヤーマ(調気法)を中心としているが、シャトカルマ (英語: shatkarma)による浄化法もよく知られている。
健康目的のエクササイズとして20世紀後半に欧米で大衆的な人気を獲得したハタ・ヨーガは、多くの場合、単に“ヨーガ”と呼ばれる。


ハタ・ヨーガの総括的な教典は、スヴァートマーラーマが編纂した『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』である。
著者自身は書名を『ハタ・プラディーピカー』と記している。
『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』は、ゴーラクシャの著書とされる失伝した『ハタ・ヨーガ』や現存する『ゴーラクシャ・シャタカ』など、それ以前のサンスクリット語諸文献にもとづいて書かれているが、スヴァートマーラーマ自身のヨーガ経験についても記述がある。
『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』にはさまざまな事項、例えばシャトカルマ (英語: shatkarma)(浄化)、アーサナ(坐法)、プラーナーヤーマ(調気法)、チャクラ(エネルギー中枢)、クンダリニー(本能)、バンダ (Bandha)(筋肉による締め付け)、クリヤー (英語: kriya)(行為、所作、クンダリニー覚醒技法)、シャクティ(神聖な力)、ナーディー (英語: Nadi (yoga))(気道、脈管)、ムドラー(印相)といった事柄についての記載がある。
ハタ・ヨーガはシヴァ神が提唱したものと伝えられる。
誰にも聞かれぬよう孤島で女神パールヴァティーにハタ・ヨーガの教義を授けたが、ある魚が2人の話を全て聞いてしまった。
シヴァ神はその魚(マツヤ)へ慈悲を掛け、シッダ (英語: siddha)(成就者)に変えた。
後にこのシッダはマツイェーンドラナータ (英語: Matsyendranath)と呼ばれるようになった。
マツイェーンドラナータはチャウランギーにハタ・ヨーガを伝えた。
チャウランギーは手脚がなかったが、マツイェーンドラナータを見ただけで手脚を得ることができた。
『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』には アーディナータ (英語: Adi Natha)(シヴァ神の化身)、マツイェーンドラナータ、ゴーラクシャナータなど、多数の著名なヨーギンについての記述がある。

現代のハタ・ヨーガの流派の多くは、ティルマライ・クリシュナマチャーリヤ (en:Tirumalai Krishnamacharya) の教えに由来する。
彼は1924年から死去する1989年までヨーガを指導した。
欧米にヨーガを広めた著名な弟子には、躍動的なヨーガで知られるアシュターンガ・ヴィンヤーサ・ヨーガの創始者のパッタビ・ジョイス (英語: K. Pattabhi Jois)、正姿勢と補助道具が特徴のB・K・S・アイヤンガール、インドラ・デーヴィー (en:Indra Devi)、クリシュナマチャーリヤの子でヴィニヨーガ (en: Viniyoga) の創始者T・K・V・デーシカーチャール (en:T. K. V. Desikachar) が挙げられる。
T・K・V・デーシカーチャールは、クリシュナマチャーリヤから継承したヨーガを広めるため、チェンナイにクリシュナマチャーリヤ・ヨーガ・マンディラムを創立した。
リシケシのシヴァーナンダ (英語: Sivananda Saraswati)(1887 - 1963)と彼の多数の弟子たちも、影響力のある大きな流れを形成した。
シヴァーナンダ・ヨーガ・ヴェーダーンタ・センター (en:Sivananda Yoga Vedanta Centres) を創立したヴィシュヌデヴァナンダ (英語: Swami Vishnu-devananda)、ビハール・スクール・オブ・ヨーガ (en:Bihar School of Yoga) を創立したサティヤーナンダ (英語: Satyananda Saraswati)、インテグラル・ヨーガの創始者サッチダーナンダ (英語: Swami Satchidananda)など著名な指導者を輩出した。



以下、見出しのみ工事中





◆memo◆




ブランド別ヨガウェア ヨガパンツ


種類別ヨガアイテム




Copyright(C)2010-2016 ヨガ【yoga】生活 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system