ヨガの勉強

shopping





ヨガの勉強のページへようこそ!
このページは私のヨガの勉強のためのページです。勉強するにあたり、自分の言葉で噛み砕いて説明できるレベルではないため、当面はウィキペディアを利用しております。 従いまして、このページに来られた方も私と一緒に学ぶことができると思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

「ヨーガ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2013年4月14日 (日) 17:25 UTC、
URL:http://ja.wikipedia.org



ヨガ ヨーガ YOGA
ヨーガ (योग Yoga) とは、古代インド発祥の修行法。
アーサナ(asana,姿勢)や、プラーナーヤーマ(呼吸法)のみを重視する健康ヨーガ的なものや、瞑想による精神統一を重視するものなど様々である。
狭義には、六派哲学のヨーガ学派から始まった、解脱、すなわち個体魂の神への結合を実現するための実践体系を指す。


解脱(げだつ 梵: विमुक्ति、毘木底、ヴィムクティ、梵: विमोक्ष、毘木叉、ヴィモークシャ)
1.仏教においては、煩悩による繋縛から解き放たれて、全ての執着を離れることで、迷いの苦悩の世界から悟りの涅槃の世界へと脱出することを指す。
2.ヒンドゥー教において用いられている究極的な意味合いにおいては、サマーディ(仏教の漢訳三昧)に入定し、サンサーラ(saMsAra 仏教の漢訳輪廻)の迷いの境界から脱することを指す。
3.ジャイナ教においては、 モクシャ (ジャイナ教)という。

この梵: विमुक्ति(ヴィムクティ)、梵: विमोक्ष(ヴィモークシャ)という言葉はけっして仏教のみの術語ではなく、ニルヴァーナ(nirvana)(仏教の漢訳涅槃)と共に古くからインドで用いられ、人間の究極の目標や理想を示す言葉として用いられてきた。

◆語義
梵: विमुक्तिも梵: विमोक्षも、共に梵: मुच्を語根とする。
これは「開放する」「放棄する」などの意味である。両者とも、全ての束縛から離れることであり、繋縛を離れて自在を得るという意味である。
その意味で、古来「自在」と解釈されてきた。
それは、外からの束縛の解放や自由より、内から自らを解放することや自由を獲得することを重要視する。

「解脱」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版2013年3月9日 (土) 02:12 UTC、
URL:http://ja.wikipedia.org


「ヨーガ」という言葉
ヨーガ Yoga は、「馬にくびきをかける」という意味の動詞の語根「yuj」から派生した名詞である。
つまり語源的に見ると、馬を御するように心身を制御するということを示唆しているようである。


ヨーガの歴史
明確な起源は定かではないが、紀元前2500年-1800年のインダス文明に、その遠い起源をもつ可能性が指摘されている。
同文明の都市遺跡のモヘンジョ・ダロからは、坐法を組み瞑想する神像や、様々なポーズをとる陶器製の小さな像などが見つかっている。
ヨーガという語が見出される最も古い書物は、紀元前800年-紀元前500年の「古ウパニシャッド初期」に成立した『タイッティリーヤ・ウパニシャッド』である。
また、紀元前350年-紀元前300年頃に成立したとされる『カタ・ウパニシャッド』にはヨーガの最古の説明がある。

感官の確かな制御がヨーガである (『カタ・ウパニシャッド』6-11)

2世紀-4世紀ごろ、サーンキヤ学派の形而上学を理論的な基礎として、その実践方法がパタンジャリによって『ヨーガ・スートラ』としてまとめられ、解脱への実践方法として体系づけられた。
内容としては主に観想法(瞑想)によるヨーガ、静的なヨーガであり、それゆえ「ラージャ・ヨーガ」(=王・ヨーガ)と呼ばれている。
その方法がアシュターンガ・ヨーガ(八階梯のヨーガ)と言われる8つの段階のヨーガである。
ヤマ(禁戒)
ニヤマ(勧戒)
アーサナ(座法)
プラーナーヤーマ(調気法、呼吸法を伴ったプラーナ調御)
プラティヤーハーラ(制感、感覚制御)
ダーラナー(精神集中)
ディヤーナ(瞑想、静慮)
サマーディ(三昧)
である(『解説ヨーガ・スートラ』『魂の科学』参照)。
また同書を根本教典として「ヨーガ学派」が成立した。
同派は、ダルシャナ(インド哲学)のうちシャド・ダルシャナ(六派哲学)の1つに位置づけられている。
『ヨーガ・スートラ』では、ヨーガを次のように定義している。

ヨーガとは心素の働きを止滅することである (『ヨーガ・スートラ』1-2)、
その時、純粋観照者たる真我は、自己本来の姿にとどまることになる (『ヨーガ・スートラ』1-3)(『魂の科学』参照)

12世紀-13世紀には、タントラ的な身体観を基礎として、動的なヨーガが出現した。
これはハタ・ヨーガ(力(ちから)・ヨーガ)と呼ばれている。
現在世界中に普及しているヨーガはこのハタ・ヨーガの方法である。
内容としては難しい坐法(アーサナ)や調気法(プラーナーヤーマ)を重視し、超能力や三昧を追求する傾向もある。

ヨーガはバラモン教、仏教、ジャイナ教の修行法でもあった。
また、ハタ・ヨーガの経典の中にハタ・ヨーガ・プラディーピカー、ゲーランダ・サンヒター、シヴァ・サンヒターもある。

科学的な研究は1920年代にインドマハーラーシュトラ州ロナワラ市に設立されたカイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所で開始され、インド中央政府はその後、8校の“ヨーガと自然療法医科大学”をはじめ30校を超える大学にヨーガ学科を設置してきている。
その内の1つであるスワミ・ヴィヴェーカナンダ研究財団の教育部門はインド中央政府人的資源管理省より2002年5月にヨーガ大学院大学として認定をうけ修士号・博士号を発行している。


日本の状況
最初に瑜伽として日本にヨーガが伝わったのは、大同元年(806年)、唐より帰国した空海にまでさかのぼる。
その後、真言宗や天台宗の「護摩」、「阿字観」等の密教行法として、現在に伝わっている。
禅宗の座禅も、ヨーガ・スートラ第2章に記述されるディヤーナの音写である。



以下、見出しのみ工事中

5 種類
5.1 伝統的ヨーガ
5.1.1 ハタ・ヨーガ (Hatha yoga)
5.1.2 ラージャ・ヨーガ (Raja yoga)
5.1.3 カルマ・ヨーガ (Karma yoga)
5.1.4 バクティ・ヨーガ (Bhakti yoga)
5.1.5 ギャーナ・ヨーガ (Jnana yoga)
5.1.6 マントラ・ヨーガ (Mantra yoga)
5.1.7 ジャパ・ヨーガ (Japa yoga)
5.1.8 クンダリニー・ヨーガ (Kundalini yoga)
5.1.9 クリヤ・ヨーガ (Kriya yoga)

5.2 近年の種類
5.2.1 アシュターンガ・ヨーガ
5.2.2 パワー・ヨーガ
5.2.3 マタニティ・ヨーガ
5.2.4 ホット・ヨーガ
5.2.5 アヌサラ・ヨガ
5.2.6 阿字観・ヨーガ
5.2.7 ヨーガ・セラピー






「ヨーガ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2013年4月14日 (日) 17:25 UTC、
URL:http://ja.wikipedia.org



◆memo◆
アーサナ(asana,姿勢)
プラーナーヤーマ(呼吸法)
瞑想
チャクラ
クンダリニー
マントラ(真言)→振動
ヨガはクンダリニーの覚醒を促す準備で目的は解脱。

プルシャ 目に見えないもの「無」「空」
プラクリティ 目に見えるもの 「有」「色」

サットヴァ(純粋質)
ラジャス(激質)
タマス(暗黒質)

アイアンガーヨガ





ブランド別ヨガウェア ヨガパンツ


種類別ヨガアイテム




Copyright(C)2010-2016 ヨガ【yoga】生活 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system